青空研究室

三ツ野陽介ブログ

ネットの嫌韓を後追いするマスメディア

f:id:ymitsuno:20140315040528j:plain

 いわゆる「嫌韓」問題については、僕もいろいろと思うところがあるわけだけど、ここ一年ぐらいの嫌韓感情の特徴は、それがネットからマスメディアへと溢れだしたことだろう。

 韓国への批判・悪口・イチャモンというものは、一〇年前からネットではありふれていたけれど、新聞・テレビ・雑誌ではそういうことは言ってはいけない、という空気が、もう我慢しなくてもよい、という空気に変わった。

 しかし、最近のオヤジ雑誌に載っている嫌韓記事を、ネットの嫌韓寄りの人たちが読んだとしたら、「ついに世間がネットに追いついた」という感想は抱くかもしれないが、同時に、「ここに書いてあるようなことは前から知ってた」とも思うだろう。

 いくらネットの可能性がすごいと言っても、しょせん2ちゃんねるのニュース速報板などは、マスコミ報道を後追いして、それになんやかやと反応しているだけだった。

 だが最近のSTAP小保方さん騒動などもそうだが、マスコミがネットの情報を後追いするという逆のパターンが増えてきている。

 これは、マスメディアの敗北を意味する事象の一つだと思う。

広告を非表示にする